健康診断

  • 三鷹市特定健康診査
  • 人間ドック
  • 企業健診
  • 組合員健診など

健診をご希望の方はご予約ください。

お問い合わせする

予防接種

子どもに必要な予防接種にはどの様なものがありますか?
予防接種の種類・受ける順番については以下の様になっています。
現在子どもたちの予防接種は0歳から1歳までの間に
・4種類の定期接種(市役所から通知があり、お金もかからないもの)BCG(1回)、4種混合(ポリオ/ジフテリア/百日咳/破傷風:4回)、肺炎球菌(4回)、インフルエンザ桿菌(ヒブワクチン:4回)
・2種類の任意接種(診療所でお金を払って受けるもの)B型肝炎(3回:2016年10月以後に定期接種化の予定)、ロタウイルス(2回もしくは3回)の6種類があり、1歳を過ぎると更に麻疹風疹、おたふくかぜ、みずぼうそう、日本脳炎などが加わります。
予防接種の種類・受ける順番については以下の様になっています。
昔 に比べると数も増えていて、受ける赤ちゃんも連れてくる親御さんも大変です。しかし増えた予防接種は髄膜炎という命に関わる病気を予防するインフルエンザ 桿菌や肺炎球菌のワクチンや肝臓癌の予防であるB型肝炎など大事な役割を担っています。そして日本以外の多くの国では以前から全ての子供達が受けるべきワクチンとして、その効果や安全性が検証されているものです。また、これらのワクチンは同時に打つことが可能で、必要な時期に必要な本数を打つために同時接 種が推奨されています。
しょっちゅう病院に行かなければならないし、熱が出て注射が出来ないとスケジュールがずれて大変なのですがどうしたらよいですか?
確かにワクチンとワクチンの間隔が種類によって異なったり、子どもが熱を出して接種時期がずれたり、小児科の予約が取れなかったり、親御さんの負担となっているのも事実です。
その様に大変なワクチンスケジューリングに関して便利なサイトして「Know VPD!VPDを知って、子どもを守ろう」があります。
 こちらは一般的かつ理想的なワクチンスケジュール がダウンロードでき、小児科医推奨の「予防接種スケジューラースマホアプリ」もありますのでぜひ見てみて下さい。当院でもこちらのワクチンスケジュールを プリントアウトし、初回の受診時に子どもさんごとに1歳までのスケジュールを作成しお渡ししています。
引っ越しなどでワクチンが抜けてしまっているのですがどうしたらいいですか?
 打つべきワクチンを打たずに大きくなってしまった子どもさんで後からどのワクチ ンを打ったらいいのかという相談もしばしばあります。その様な時は「日本小児科学会推奨の予防接種キャッチアップスケジュール」 を用います。
 こちらは医師向けで少し言葉遣いが難しいので、これを元にかかり つけの医師と相談してスケジュールを決めるのが良いと思います。当院でもこれを元に親御さんと相談して新たにスケジュールを作成しています。

お問い合わせする